活動日誌活動日誌

大分ブロック 野球大会

更新日2017.06.24

6月24日、別府市の野口原球場にて、大分ブロック野球大会が開催されました。

天候が心配されましたが、無事に開催することができました。

大分にとっては、8連覇がかかったこの大会でしたが、結果は・・・・・

見事、8連覇を達成しました!!

1回戦の別府戦で最終回の時点で4点差をつけられ、8連覇の望みがついえたかに見えましが、姫野邦之選手の代打サヨナラ逆転2点タイムリーヒットで、サヨナラ勝ちをおさめました。

その後、準決勝、決勝と接戦を制し、見事、8連覇を成し遂げました。

次は、9月に開催される九州大会です。

現在、九州大会制覇に向け、野球部は、日々の修練に邁進しております!

大分県代表として、スポーツマンシップにのっとり、正々堂々と戦って参ります!

 

以下は、大分大会の詳細です。

開会式

野口原球場に大分ブロック一同が介しました。
野口原球場に大分ブロック一同が介しました。
開会式に臨む大分チーム 川北理事長(先頭)の表情に8連覇への意気込みを感じます。
開会式に臨む大分チーム
川北理事長(先頭)の表情に8連覇への意気込みを感じます。
選手宣誓 突如、場外から乱入した謎の生物による選手宣誓
選手宣誓
突如、場外から乱入した謎の生物による選手宣誓
西ブロック会長による始球式
西ブロック会長による始球式
見事にストライク投球!
見事にストライク投球!

 

1回戦 別府JC

大会前から大分JCの8連覇を阻止すると宣言していた別府JCといきなり初戦での対戦となりました。

別府JCからの打倒大分JCの宣言に対し、「負けたら丸坊主にする!!」と逆宣言をしていた川北慶祐理事長。

大分JCの8連覇と川北理事長の髪型がかかった重要な一戦となりました。

【スターティングメンバー】

1番 ショート 岡村申弥
1番 ショート 岡村申弥
2番 センター 生野裕一
2番 センター 生野裕一(プレイングマネージャー)
3番 サード 天本慎一郎
3番 サード 天本慎一郎
4番 ファースト 佐藤晃央
4番 ファースト 佐藤晃央
5番 ライト 赤川英之
5番 ライト 赤川英之
6番 レフト 辛島高広(キャプテン)
6番 レフト 辛島高広(キャプテン)
7番 セカンド 倉橋芳英
7番 セカンド 倉橋芳英(*当日の写真がなかったので別日の写真です。。)
8番 ピッチャー 喜多嶋勇介
8番 ピッチャー 喜多嶋勇介
9番 キャッチャー 梅本哲平
9番 キャッチャー 梅本哲平

 

序盤は、緊迫の投手戦。

大分、別府ともに先発投手が好投。バックも好守で投手を盛り上げ、両チーム無失点のまま3回の攻防を終えます。

強力別府打線を相手に安定した投球で3回を無失点に抑えた喜多嶋投手
強力別府打線を相手に安定した投球で3回を無失点に抑えた喜多嶋投手
別府JC 森憲司 理事長 打倒大分のもと、別府JCをまとめあげました。当日もプレーヤーとして、大分の前に立ちはだかりました。
別府JC 森憲司 理事長
打倒大分のもと、別府JCをまとめあげました。当日もプレーヤーとして、大分の前に立ちはだかりました。

 

均衡が破れたのは、4回表。

好投を続けて来た大分の喜多嶋が連打を浴び、別府に2点を先制されます。

4回表を終わり、スコアは、

別府JC 2 ‐ 0 大分JC

大分JCの8連覇に暗雲が立ち込めます。

 

しかし、4回ウラ、大分JCも7連覇中の意地を見せます。

ヒットや四球でチャンスを広げます。

5番赤川が、チャンスを作ります。
5番赤川が、チャンスを作ります。
途中出場の7番手嶋がデッドボールでチャンスを広げます。
途中出場の7番手嶋がデッドボールでチャンスを広げます。

 

ここで打席には、好投を続けている8番喜多嶋

絶好のチャンスに打席には、エース喜多嶋
絶好のチャンスに打席には、エース喜多嶋

 

喜多嶋のレフト前にしぶとく落とすタイムリーヒットで大分が同点に追いつきます!

4回のウラを終了して、スコアは、

別府JC 2 ‐ 2 大分JC

両雄、一歩も引かぬまま、最終回の攻防へ進みます。

 

5回表、別府の攻撃。

エース喜多嶋がつかまります。

連打で一挙4点を奪われ、5回表を終え、スコアは、

別府JC 6 ‐ 2 大分JC

残すは、5回ウラの1イニングのみ。大分の8連覇に赤信号が灯ります。

 

5回表を終えたところで、大分ベンチに援軍が訪れます!

加藤健筆頭副理事長、大分の不動の4番打者・姫野邦之室長が、遅れて参戦しました。

ベンチの威圧感が増しました。 最終回の4点差にもかかわらず、「勝てるに決まってるやろ。気合いれろ。」と激が飛びます。
ベンチの威圧感が増しました。
最終回の4点差にもかかわらず、「勝てるに決まってるやろ。気合いれろ。」と檄が飛びます。

 

迫力を増したベンチから、大分選手に対し、野次だか応援だかわからない檄が飛びます。

その甲斐あってか、大分は、連打と四球で、3点を奪い返し1点差とします。

4回に続き、この回もタイムリー2塁打を放った喜多嶋
4回に続き、この回もタイムリー2塁打を放った喜多嶋

 

1点差とし、なおも1アウト満塁の一打逆転サヨナラのチャンスを迎えます。

ここで、生野監督が動きます。

「代打、姫野邦之」

大分が誇る不動の4番打者です。

代打 姫野邦之 凡退すれば、そのまま8連覇の夢がついえることが濃厚なこの場面。生野監督は、この男に大分の命運を託しました。
代打 姫野邦之
凡退すれば、そのまま8連覇の夢がついえることが濃厚なこの場面。生野監督は、この男のバットに大分の命運を託しました。

 

しかし、代打姫野は、バッターボックスで一向にバットを振る気配がありません。

ボールを選びます。
ボールを選びます。
ストライクも選びます。
ストライクも選びます。

 

2ストライクに追い込まれ、「まさかの見逃し三振?」と皆が思い始めた時、その瞬間は訪れました。

 

(*スマートフォンで、ご覧の方へ。画面のさらに右側に動画の再生ボタンがありますので、画面を左にスクロールしてください。)

レフト前に、代打逆転サヨナラ2点タイムリーヒット!

見事に期待に応えました!

別府JC 6 ‐ 7× 大分JC

 

試合後の川北慶祐理事長の談

「5回表が終わった時点で丸坊主になることを覚悟した。5回のウラは、何厘刈りで許してもらうかばかり考えていた。坊主にならなくて本当に良かった。」

姫野選手のバットで、大分の8連覇の夢と、川北理事長の頭髪が救われました。

 

準決勝 宇佐JC

2回戦の相手は、初戦で佐伯JCとの激闘を制した宇佐JCです。

大分JCの先発は、池田修平投手。8連覇への夢をつなぐ、大事な先発マウンドです。

池田修平 投手 絶妙のコントロールと安定感のある投球には定評があります。
池田修平 投手
絶妙のコントロールと安定感のある投球には定評があります。
宇佐の先発は、左腕の岩田浩一投手 初戦の佐伯戦に続いての登板です。
宇佐の先発は、左腕の岩田浩一投手
初戦の佐伯戦に続いての登板です。

 

7連覇中の大分からすれば、それほど難しくない対戦相手であったはずですが、大分は苦戦を強いられます。

宇佐の岩田投手の緩急をつけた投球に、打線が打ちあぐねます。

しかし、ところどころで、大分の強打が出て、得点を重ねていきます。

強打者の1番岡村は、この試合でも持ち前の強打で長打を放ちます。
強打者の1番岡村は、この試合でも持ち前の強打で長打を放ちます。
新戦力の3番天本は、元甲子園球児の実力をいかなく発揮し、鋭い打球を飛ばします。
新戦力の3番天本は、元甲子園球児の実力をいかなく発揮し、鋭い打球を飛ばします。
代打で出場の大塚亮選手も、安打を放ちました。 数年前の本大会での雪辱を見事晴らしました。
代打で出場の大塚亮選手も、安打を放ちました。数年前の本大会での雪辱を見事晴らしました。

 

大分リードで最終回の宇佐の攻撃を迎えます。

サードの守備には、代打で途中出場した川北慶祐理事長がつきます。

サードの守備につく川北理事長 真剣な表情に勝利への意気込みを感じます。
最終回、サードの守備につく川北理事長
真剣な表情に勝利への意気込みを感じます。

 

しかし、宇佐の猛反撃にあい、点差はみるみる縮まっていきます。

満塁のピンチが続く中、宇佐の打者が放った打球は、三遊間への緩いゴロ。川北理事長の初めての守備機会です。しかし、川北理事長の反応が遅れ、内野安打に。

遂に1点差となり、なおも満塁。

ここで、生野監督が動きます。

「サード交替」

大分の8連覇のため、苦渋の非情采配を選びます。

この後、宇佐の反撃をしのぎ、辛くも1点差で大分の勝利となりました。

宇佐JC 4 ‐ 5 大分JC

 

試合後の川北理事長の談(最終回の交替について)

「JCに入って、一番の屈辱だった。」

 

決勝戦 日田JC

決勝は、初戦で強豪の中津JCを破った日田JC。

大分は、直前の強化試合で中津と熱闘の末に引き分けています。

http://www.oitajc.or.jp/archives/1626

大分は、決勝の先発マウンドをWエースのもう1人、軸丸投手に託します。

先発の軸丸投手 昨年の決勝戦では、中津相手の決勝戦で、最終回の5回途中まで一人もランナーを出さない完全試合ペースで、完全試合は逃したものの、見事、完封勝利を収めました。 昨年の決勝の再現がなるか。
先発の軸丸投手
昨年は、中津との決勝戦で、最終回の5回途中まで一人もランナーを出さない完全試合ペース。完全試合こそ逃したものの、見事、完封勝利を収めました。昨年の決勝の再現なるか。
日田の先発投手
日田の先発投手

 

試合は、予想外に序盤で点を取りあう展開に。

2回ウラを終えて、スコアは、

日田JC 3 ‐ 5 大分JC

白熱の接戦となりました。

故障明けの体に鞭打ち、熱投を見せた軸丸投手
故障明けの体に鞭打ち、熱投を見せた軸丸投手
決勝でも強打を炸裂させた岡村選手
決勝でも強打を炸裂させた岡村選手
チームの精神的支柱、辛島キャプテン
チームの精神的支柱、辛島キャプテン
燃える男、姫野邦之選手
燃える男、姫野邦之選手
チャンスに強い不動のライト赤川選手
チャンスに強い不動のライト赤川選手
好リードで失点を防ぐ梅本捕手
好リードで失点を防ぐ梅本捕手
決勝では好守も光った天本選手
決勝では好守も光った天本選手
あり得ないペースで死球を積み重ねる手嶋選手
あり得ないペースで死球を量産する手嶋選手

 

死闘の末、決着は・・・

DSC_0102

 

日田JC 4 ‐ 6 大分JC

見事、8連覇を達成しました!

 

閉会式

西貴之会長から、辛島キャプテンに優勝旗が授与されます。

今年後卒業の辛島キャプテン。無事に連覇のたすきを次世代に繋ぎました。
今年度卒業の辛島キャプテン。無事に連覇のたすきを次世代に繋ぎました。

 

MVPは、投打に渡り大活躍を見せた喜多嶋選手が選ばれました。

MVPの喜多嶋選手 辛島キャプテンから、次年度以降のキャプテンに指名されました。
MVPの喜多嶋選手
辛島キャプテンから、次年度以降のキャプテンに指名されました。
大分ブロック協議会 利根慎之輔 事務局長 本大会を中心となり、企画・運営しました。 本当に、ありがとうございました。
大分ブロック協議会 利根慎之輔 事務局長
本大会を中心となり、企画・運営してくれました。本当に、ありがとうございました。

 

8連覇を達成し、歓喜の胴上げです。

川北慶祐 理事長 8回、宙を舞いました。
川北慶祐理事長
8回、宙を舞いました。あわや丸坊主からの胴上げ。喜びもひとしおです。
生野裕一 監督 名采配で、8連覇に導きました。生野監督の采配なしには8連覇はありえませんでした。
生野裕一監督
名采配で、8連覇に導きました。生野監督の采配なしには8連覇はありえませんでした。
辛島高広 キャプテン 最後の大会を見事8連覇で終えました。いままで、本当に、お疲れ様でした!
辛島高広キャプテン
最後の大会を見事8連覇で終えました。いままで、本当に、お疲れ様でした!

 

参加チーム全員による記念撮影

皆さん、お疲れ様でした。
皆さん、お疲れ様でした!

 

おまけ(影のMVP)

MVPを喜多嶋選手と最後まで争い、惜しくも選に漏れた手嶋選手。

1日で、4つの死球をもらいました。

死球
死球
死球
また死球
背中に、見事に3つの死球の跡が(あと1つは腕への死球です。)
背中に、見事に3つの死球の跡が(あと1つは腕への死球です。)

 

手嶋選手、次の九州大会こそ、MVPを期待しています!